2019年06月03日

日本最小規模ながら、さらなる高みを目指すクラフトビール " re;open " イチノミヤブルワリー 再起動! ・・・一宮ブルワリー、6・8フル・リ・オープンまであと、アドベント6日

20190608一宮ブルワリー_リ_オープンB5チラシ02_ページ_1_w.32.jpg


20190608一宮ブルワリー_リ_オープンB5チラシ02_ページ_2_w.32.jpg



日本最小規模ながら、さらなる高みを目指すクラフトビール

re;open

イチノミヤブルワリー 再起動!


 1997年に開業し、2006年に惜しまれつつ終業した「尾張ブルワリー」。
 その醸造責任者であった山田文隆と、1999年から尾張ブルワリーとともにまちづくり活動をしてきたNPO法人志民連いちのみやの星野博。
 この二人の想いが重なり、一宮でともかくビール(発泡酒)製造を! と、2010年に発泡酒製造免許を取得し、2011年から醸造に入ったのが「一宮ブルワリー」です。

 富山市の大谷ブラッスリーに指導を受けて設計した日本最小規模4坪の工房では、小型のミルで麦芽を挽いて、寸胴鍋でビール液を煮て、それをうどん熟成庫とプレハブ冷蔵庫で醸造していました。ミルは小容量なので、隣接するコミュニティカフェ「三八屋」のスタッフが合間合間に毎晩、麦芽を挽き続けてきました。週末には夜中から翌日の昼までぶっ続けで醸造作業をし、平日深夜にも作業をしてきました。
 こんな設備で、この品質が!という高いレベルには来ていましたが、余りに非効率な作業と、品質管理の難しさから、2017年春より設備改修の検討に入りました。クラフトビール製造を取り囲む環境は随分と変化し、設備や機材も豊富で安価になってはいましたが、一宮ブルワリーらしい方向性が見出せずにいました。

 そんな2018年5月末、毎年訪れる松本の街の入り口で、麦の穂をマークにした新店舗「BAKKA」を偶然発見。その店の花輪に、一宮ブルワリーのファンで支援者でもある知立フォワイエの小野さんの名前を見つけ、あれは何と尋ねると、ブリューパブとのこと。そこは相澤さんが開発運営する、一宮ブルワリーより少し広い醸造所でした。すぐ連絡し、松本まで行って拝見すると、小さいながら温度を含め品質管理に非常に優れ、効率性も安全安心清潔性も優れたものでしたし、深澤さんは大谷さん同様、信頼できる方でした。
 山田ほかと何度も松本を訪れ、深澤さんに教えてもらい、BAKKAと類似したシステムで、一宮ブルワリーの設備改修の方向が決まりました。
 2018年10月4日、com-cafe三八屋と一宮ブルワリーを一旦閉鎖。5日・6日と一宮駅上で開催された「クラフトビアパーティ in 尾張一宮駅前ビル」を最後に、一宮ブルワリー第1期醸造設備でのビールは終了となりました。その時点で既に遅れていた手順は、中国からのタンク輸入が春節直前となってさらに遅れ、届いたタンクを数ミリの余裕で工房に押し込み、配置や周辺機器にも手間がかかり、どんどん時間が経っていきました。やっと4月に税務署への届け出も済み、5月5日の第19回杜の宮市での試験出品に至りました。
 うどん熟成庫とプレハブ冷蔵庫を、300リットルのコニカルタンク4つへ。エアコンと水道水での冷却は、自動の温度管理装置へ。プレハブ冷蔵庫は、com-cafe三八屋の厨房に移動し、樽詰めビール用に8つの注ぎ口を付けました。

 第2期一宮ブルワリーはまた、これから皆さんとともに成長し、膨らんでいくはずです。
 どうぞ皆さん、これからも一宮ブルワリー、com-cafe三八屋そして志民連いちのみやをよろしくお願い申し上げます。

 2019年6月8日 NPO法人志民連いちのみや 理事長 星野博

posted by 星野博 at 07:12| Comment(0) | report

2019年05月28日

with a little fund 1 「一宮ブルワリー re; full open 」2019.6.8・・・一宮ブルワリー、6・8フル・リ・オープンまであと、アドベント11日

with a little fund vol.1, presented by 志民連いちのみや

「一宮ブルワリー re; full open 」2019.6.8

昨年10月4日に一旦閉鎖して設備一新を始めた一宮ブルワリー。なんと、ほぼ7か月ぶりにフル・リ・オープンです。

「with a little fund」その第1号
---------------------------------------------------------------------
一宮ブルワリー フル・リ・オープン パーティ
---------------------------------------------------------------------

「38ya 8tap re;open Tasting Ticket」
(寄付付きチケット販売)

●2019年6月8日(土)18:00〜21:00
●当日、チケットを発行、38日間有効
●8種のタップドリンクをテイスティングカップ(110cc)で味見していただけるチケットです。
●チケットと軽いお菓子で1,500円ですが、あと500円寄付をつけていただき、2,000円お願いします。

------------------------------------------------
バリュー
------------------------------------------------
この8タップテイスティングチケットは1380円(税込み)ですが、通常価格や仕入値から見ると2,000円近い価値があります。

------------------------------------------------
コスト
------------------------------------------------
これにスナック菓子のおまけが付いて、1500円(税込み)がパーティの代金です。

------------------------------------------------
ファンド with a little fund !
------------------------------------------------
あと500円のファンド(寄付)付きで、2000円のセットです。
*もちろん寄付したくない方は払う必要がありません。

------------------------------------------------
ココロザシ will from a little fund
------------------------------------------------
500円のファンドをいただいた方には、『一宮ブルワリー2nd unit beer 誕生立会人』として「WITNESS」シートにサインしていただきます。
*またタップビールを追加注文していただきますと、この日はご自身で注ぐ「タップ体験」をしていただけます。

------------------------------------------------

8つのタップからは、三八屋のクラフトビールに加え、いくつかのゲストクラフトビールとクラフトシードルがサービスされます。

この日はキャッシュオンでお願いします。

20190608一宮ブルワリー_リ_オープンチケット03trim.jpg

posted by 星野博 at 14:54| Comment(0) | report

2019年05月18日

アイ・シー・シー「#いちのみや」放映・・・一宮ブルワリー、6・8フル・リ・オープンまであと、アドベント21日

アドベントとか言って、杜の宮市と諸業務で間が2週間空いてしまいました。

4月26日の夕方から深夜まで、アイ・シー・シーの嵯峨さんが、一宮ブルワリーの新らしく生まれ変わった工房を取材。

実質、工房内の初めてのお披露目です。
ぜひご覧ください。

#いちのみや
ICCチャンネル12
5月20日(月)〜26日(日)
6時 9時 12時 16時 19時 23時

2019-04-27 19.59.50_w.32.jpg


2019-05-18 06.01.41_w.32.jpg


posted by 星野博 at 07:29| Comment(0) | report

2019年05月04日

名古屋国税局管内「酒蔵マップ」・・・一宮ブルワリー、6・8フル・リ・オープンまであと、アドベント36日

名古屋国税局管内「酒蔵マップ」が届きました。
同じものはウエブでも見られます。

https://www.nta.go.jp/about/organization/nagoya/sake/pdf/map.pdf

一宮ブルワリーのところには「(特非)志民連いちのみや 一宮ブルワリー」とあるのが、さすが。

一宮ブルワリー/com-cafe三八屋のフル・リ・オープンから後は、ビールやジンなど、ルーラルでテロワールなクラフトドリンクも提供していきます。このマップも張り出す予定でおります。この前で楽しく一杯やりましょう。

一宮ブルワリー、6・8フル・リ・オープンまであと、アドベント36日

2019-05-03 09.53.40_w.32.jpg
posted by 星野博 at 07:34| Comment(0) | report

2019年05月02日

郡上八幡アルケミエ辰巳蒸留所でサイン!サイン! 一宮ブルワリー、6・8フル・リ・オープンまであと、アドベント37日

2019年6月8日(土曜日)に、「一宮ブルワリー フル・リ・オープン」その6・8ディまで「37」日。

4月28日には、郡上八幡アルケミエ辰巳蒸留所へ行きました。この日の午後はバーがオープン、辰巳さんがジンを注いでくれたり色々。

ゴールデンウイーク限定品を買って、そのボトルにサインをしてもらいました。
サインが終わると工房2階へ。その壁には酒造りをしている人たちのサインが書かれてきています。
ブルワーではありませんが、志民連いちのみや「一宮ブルワリー」を代表して星野三奈子が「2019.4.28 イチノミヤブルワリー(志)」と書かせていただきました。

このスペシャルなサイン入りボトル、ゴールデンウイークが明けてcom-cafe三八屋が再稼働しましたら、アドベントな提供をしていきますのでまたお楽しみに。

2019-04-28 14.23.31_w.32.jpg


2019-04-28 14.13.08_w.32.jpg


2019-04-28 14.12.07_w.32.jpg


2019-04-28 14.24.05_w.32.jpg
posted by 星野博 at 18:55| Comment(0) | report

2019年05月01日

一宮ブルワリー、6・8フル・リ・オープンまであと、アドベント38日

昨年10圧5日に、併設のカフェcom-cafe三八屋を閉店して始まった、一宮ブルワリーのリノベーション。
そこから年のほぼ3分の2、246日を待って、2019年6月8日(土曜日)に、「一宮ブルワリー フル・リ・オープン」のお披露目をします。

その6・8ディは、今日、令和元年初日の5月1日から「38」日。
これから38日、三八式アドベントカレンダーで日々、一宮ブルワリー/com-cafe三八屋のことをお伝えしていきます。

写真は4月24日深夜11時に、山田ブルワー含めブルワリースタッフと志民連いちのみやサポーターなどあわせて6人で300キロのコニカルタンクを動かして、ほぼ最終的な機材のセッティングをしているところです。

DSC_2237.JPG

posted by 星野博 at 19:08| Comment(0) | report

2019年03月09日

一宮ブルワリーファーストユニット飲みきらナイト そして セカンド ユニット誕生立会人に in com-cafe三八屋(2019.3.8)

2001年に三八屋をスタートしてから18年のこの日
「一宮ブルワリー ファーストユニット飲みきらナイト そして セカンド ユニット誕生立会人に」
を開催しました。
(リノベスタートから154日目/フルオープンまであと92日)

190308 一宮ブルワリー reborn 立会人 witness ポスター_w.32.jpg


19時に乾杯してスタート
IMG_9114_w.32.JPG


会費は寄付付き2,000円
● 飲みきらナイト 会費1,240円 税込、ちょいつまみ(写真) 一宮ブルワリービール 1.38時間飲み放題)
● 志民連いちのみやへ寄付 380円 「新ビール誕生立会人への第一歩」麦芽ミル挽き参加権利付き
● ずっと... 3.11東日本大震災寄付 380円(藤原亮英氏経由IBC岩手放送「いわての学び希望基金」に寄付)
2019-03-08 19.18.30_w.32.jpg


やがて一宮ブルワリーファーストユニットの最後のビール「スパイシーヴァイツェン」が終わりました。
2019-03-08 20.15.51_w.32.riom,jpg.jpg


続いて、一宮ブルワリーセカンドユニットへの第一歩、麦芽挽き参加体験です。
IMG_9115_w.32.JPG


IMG_9168_w.32.JPG


IMG_9178_w.32trim.jpg



IMG_9172_w.32.JPG


皆様、ありがとうございます。

当日のアルバムは
https://photos.app.goo.gl/hixpjcZmSm1SGya79


実はこの後も、醸造責任者の山田君たちは、地道に工房の加工設置作業をしていました。
posted by 星野博 at 10:54| Comment(0) | report

2019年03月07日

リノベ154日目にしてやっとスケジュールが決まる…明日3月8日は「一宮ブルワリー 1st.ユニットビール」飲み切らナイト、そして・・・

190308-一宮ブルワリー-reborn-立会人-witness_w.32 trim embo.jpg


2018年10月5日に閉館して、com-cafe三八屋と一宮ブルワリーの一大リノベーションに入った志民連いちのみや。当初は8月に改修をスタートし、年内にビール醸造を含めすべて再スタートの予定でした。それがスタートから遅れ、また遅れ、輸入も遅れ、あれもこれも遅れ・・・

その閉館の 10月5日から154日めにして、ついに再開のスケジュールがはっきりしました。

com-cafe三八屋/一宮ブルワリーの re:フルオープンは、2019年6月8日(土)に決定!


なんとリノベーション期間 246日! 一年の3分の2!
「リノベーションです!こうします!」と、お世話になってきた皆さんに言えるようになりました。やっとスタートラインです。

再開に向けての第1歩?を踏み出します。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
一宮ブルワリー 1st. ユニットビール 飲みきらナイト
そして
一宮ブルワリー 2nd.ユニットビール 誕生立会人に
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

醸造責任者の山田文隆が、寸胴鍋と生樽、うどん熟成庫の工房で作る最終ロットのビールの、そのラストです。
客観的には取られないでしょうが、あの場所のあの設備で、どうしてこんなにクリアで旨味あるビールがつくれるのか不思議でない作品です。
あと、ひと樽ちょっとくらい?

------------------------------------------------
会費:寄付付き2,000円
------------------------------------------------
【飲みきらナイト】 会費1,240円(税込、ちょいつまみ、一宮ブルワリービール 1.38時間飲み放題)
【志民連いちのみやへ寄付】380円(「新ビール誕生立会人への第一歩」麦芽ミル挽き参加権利付き)
【ずっと... 3.11東日本大震災寄付】380円(藤原亮英氏経由IBC岩手放送「いわての学び希望基金」に寄付)
*寄付が不要の方は、その旨をスタッフにお伝えください。


------------------------------------------------
日程:2019年3月8日(金)
------------------------------------------------
●開店 18:00
まだ一宮ブルワリーのクラフトビールは飲めません。別のもので楽しんでいてください。

●乾杯 19:00
ブルワリスタッフに感謝しつつ、乾杯して飲み放題開始。
*19時に来ていただいて、1.38時間経つ前に一宮ブルワリービールが無くなったら、1.38時間内は量産ビールもお飲みいただきます。

第1期ブルワリーの最後のビールを飲みきる夜をどうぞご一緒してください。

その後、ミルに麦芽を投入する体験をしていただきます。

------------------------------------------------
ちなみに3月8日は、2001年にcom-cafe三八屋の前身だった4坪のコミュニティスペース「旅と人・街と自然 town & country 三八屋」の創業日です。
http://38ya.sblo.jp/article/184695838.html

posted by 星野博 at 10:54| Comment(0) | news